こちらに有利になるようなメリットがたくさん|池袋のレンタルオフィスは【WORKPLUS】

こちらに有利になるようなメリットがたくさん

独立したばかりの起業家のオフィス賃料削減で一般的になったレンタルオフィスですが、コピー機などの機器、受付など入居者同士で共有できるものはあらかじめあって、入居者側でそろえる必要がなく、圧倒的コストメリットになるのが、通常は不動産会社を通し物件を借りるのが普通で、契約で保証料として月額賃料6か月分払う必要があります。そして、レンタルオフィスなるなら、初期費用賃料の1か月分ぐらいで格段に抑えられるのです。またデスクなど何人か分購入すれば10万円はすぐに超えて、起業当初はなるべくコストを抑えたいものですが、レンタルオフィスなら、デスクなどあらかじめ用意されてることもあって、初期コストはかなり抑えらます。そして普通に不動産会社からで借りてみれば、室内を整えるため発生する内装費もレンタルオフィスならあらかじめ整備されていますから発生しません。
無料LAN等仕事するとき必要なものは最初から整っていて、パソコン一台あればすぐに仕事を始められます。個別で不動産会社を通しての物件契約なら、水道や光熱費などはもちろん入居後もそれぞれ業者から請求が来ますが、レンタルオフィスならそれらはあらかじめ月額賃料に含まれています。そして、独立当初はどうしても売り上げ見込みが立てにくいものなので、何かあればリスクヘッジできる準備が必要。レンタルオフィスなら契約期間も柔軟性があって、スモールスタートにはちょうどいいはずです。自宅兼オフィスなら、名刺交換で、どうしても自信を持って渡せないということがありますが、レンタルなら、名刺に都内一等地など記載できて、印象がいいです。

共同利用できたりする

バーチャルオフィスは会社設立で最低限必要な電話番号などレンタルするサービスであり、レンタルオフィスと違って業務をするワークスペースがなく、届け出、許認可が必要なビジネスなら、これは所在地として認められないことがあります。また、ノマドワーカーと呼ぶ新たなスタイルとともに最近増えているのが、シェアオフィスとコワーキングスペース。これらはワークスペース自体他の利用者と共同利用しますから、その時々で空いてる席を使い業務をします。
また、一般的賃貸オフィス同様レンタルオフィスの住所で法人登記でき、法人登記同様、法人銀行口座開設などもレンタルオフィスの住所で行えます。また、一般の賃貸オフィスは、入居時に賃料12ヵ月分の保証金が必要ですが、レンタルオフィスならわずかで済み、入居時の初期費用をとても節約できます。そして毎月の家賃も50000~80000円程度と、賃貸と比較し大幅軽減できるのもメリット。
レンタルオフィスは空室があるとすぐ入居できて、業務に必要な設備もあり、事業開始までの時間を短縮できます。そして、中央区銀座など地価が高いところにオフィスを構えることが可能で、設立当初からビジネスに適している場所で事業ができます。レンタルオフィスは会議室などの共有設備が充実して、必要な設備を必要な時に利用できるので、新たに購入したり必要もありません。また保証人不要で代わりに保証金が必要になることもありますが、賃貸と比較すればとても少ない額で済みます。

レンタルしたいときにニーズにこたえてくれる

DVDを鑑賞したいが買うまで行かないといったときにレンタルにしてみるように起業したいが事務所を持つ資金がなくて、不安な状態の方はまずレンタルオフィスからやってみましょう。
場所によりプランや設備などそれぞれで、料金もピンキリですが、おおよその相場、一般的レンタルオフィスの仕様イメージですが、立地やサービスで料金は違いますが、月締め3万で借りられたりします。そしてネットカフェみたいな感じで時間貸ししているところもあって、試してみたい方も気軽に体験でき、仕事帰りに利用できます。
またオフィスに必要な家具、仕事をするとき便利な電話なども貸し出していて、Wi-Fiも飛んでいてパソコンを持っていればすぐに仕事ができます。レンタルオフィスで電話番号があってもなかなか電話対応してくれない方も多いですが、代わりに対応して後でメールで報告してくれるような秘書代行サービスをしてるところもあります。
中にはレンタルオフィスの住所で法人登記できたりするところもたくさんあって、レンタルオフィスの住所を使うのは、ファックスや郵便も届きますが、これもしっかり保管してくれます。一般にビジネスを始める方は個人事務所を賃貸したり負担を考え自宅兼事務所で始められる方もいます。そうした中、レンタルオフィスは、費用もかからず、初期費用もとても抑えられるもので、空いていれば明日からでもすぐ借りられるは便利。事務所を借りる資金に余裕がない方などまさにピッタリでしょう。