それぞれの特徴を知っておく|池袋のレンタルオフィスは【WORKPLUS】

それぞれの特徴を知っておく

レンタルオフィスはすぐ使える状態のオフィスを借りるサービスで、内装や通信インフラなど新設するときに必要な環境がすでに整えられていて、イニシャル時の時間など大幅カットできます。そして時間貸しなど短期での利用も可能。またレンタルオフィスの環境からワークスペースを除いたものがバーチャルオフィスですが、これは業務に最低限必要な住所などを入居しないで借り受ける形態。郵便物が届いたとき、あらかじめ指定した住所に送られるようになっています。そして運営事業者によってオプションで会議室など利用できたりします。
そして複数の利用者がフリーアドレス方式で作業環境が整ったワークスペースをシェアする形態がシェアオフィスであり、ノマドワーカーの利用者が多く、両者同士つながりを期待する方も多いです。最近カフェ形式や育児スペース完備など、個性的なシェアオフィスが見受けられ、よりコミュニティの側面が強いのが、コワーキングスペースと表現されたりします。
またバーチャルオフィスは実際入居しないで起業できるので、費用で考えればレンタルオフィスと比べ費用を抑えられると考えられがちですが、バーチャルオフィスはいろいろオプションが豊富で、かえって月額費用がレンタルに比べ高いケースがあります。 そして業務スペースも借りればレンタルオフィスで、スペースを借りないで必要な住所だけ借りればバーチャルオフィスなり、こうした業務スペースの活用法によって呼び名が変わって、バーチャルオフィス・レンタルオフィス何方のサービスも扱っているところもかなりあります。

それぞれの特徴を知っておく

会社の経営効率をよくするための条件にオフィス選びがあって、起業時や事業立ち上げで費やすコストは大きいもの。そしてレンタルオフィスは業務に必要である電話機や複合機などが備わっていて、起業や新規事業でかかってくるランニングコストを押さえられて、ビジネスを直ぐ始められるようになっています。また、レンタルオフィスは通勤や交通アクセスを考慮した好立地であることが多くて、一等地の地名が入るところはブランド力を高められて、営業拠点で便利。
そしてどうしてレンタルオフィスを利用するケースが増えているのかと言えば、これは利用者にとって多くのメリットがあるから。契約時必要になる保証金は賃貸の2か月程度が相場で、保証金が無料になったりするところも。そしてなるべくはやく業務を始めたくても、内装工事をしなければならないなど簡単に思い通りにいきませんが、レンタルオフィスはオフィス家具はもちろん、ネット回線も整えていて、タイムラグなくすぐ業務をスタートさせられます。
またレンタルオフィスによって異なりますが、電話代行などいろいろなサービスを行っていて、基本料金に含まれるもの、必要な時別途料金で受けられるようなオプションサービスもあり、こうしたサービスを上手に活用してみればコスト削減につながります。また、レンタルオフィスは都心一等地に立てられているビルが多くて、会社住所が都心であるということはとても大きなメリットです。

ビジネスがスムーズになる

多店舗展開しているバーチャルオフィス会社なら、日本各地のオフィスを利用できるサービスを用意していて、各地への出張、営業回りが多いビジネスをする起業家なら、こうした拠点を利用することで、ビジネスをスムーズにできます。こうして起業家にはメリットばかりあるものですが利用以外の選択肢も検討してみてください。
またバーチャルオフィスと一言でいっても自分の秘書みたいに先回りしビジネス以外に細かいところまで行き届いたサービスをしてくれたりするところもあります。本当に起業化を応援してくれるようなオフィスか事前に感じ取ってみて下さい。パーチャルオフィスの面談スペースもクオリティはいろいろあって、ホテルラウンジみたいな内装で整えられているところもあれば、簡単なパーテーションで仕切られているだけのところまであって、機密情報を話すケースがあるとき、勝負面談に使いたいなら、面談スペースのクオリティにも注意してください。最近はバーチャルオフィスが乱立していますので、安売り合戦も活発で、低価格化を実現しているためクオリティを落としてるところもあり、大事な起業当初は、価格だけで割り切って決めるのは避けましょう。
会社設立で会社の住所をどこにするか、事務所選びはかかせないもの、ネットを活用した会社なら来客もないのに高い家賃を払ってオフィスを借りる必要もありません。自宅を賃貸で借りていれば事業用に使用することができない、自宅の住所で登記できないということがあって、自宅の住所で難しければバーチャルオフィスが便利です。

お客さんにいいイメージを持たれる

バーチャルオフィスは、一般的に起業するなら、一から事務所を借りて電話を引いて必要なデスクをそろえて見れば100万程度はかかります。その費用にプラスし資本金などの費用もかかりますが、そうしたときバーチャルオフィスは低価格でビジネスで必要なサービスを全部受けられます。また必要なサービスを安く受けられる以外に、その速さもメリット。事務所を新規で借りたら、電話回線工事やネット回線開設など業務が始められるまで約1か月かかますが、バーチャルオフィスは電話回線など契約日から利用することができます。そして審査から数えても約1週間で業務が始められるのです。起業なら自宅で仕事すると考える方が多いですが、自宅を登記場所にすれば営業で突然訪ねてきたりしたときに住所が世間に広まってしまうのです。
そうしたことを予防するのに登記場所としてバーチャルオフィスは役立ちます。起業当初から通常で借りられない一等地で登記することもできて、うまく使えばお客様からのイメージアップが可能。そして、バーチャルオフィスの運営会社は契約しているお客様に、いろいろ優遇していたりします。一人で起業するなら転送電話を利用していても移動中の打ち合わせに出ることができなかったりしますが、電話秘書サービスを利用して見ると、営業時間内なら電話を受け携帯メールに誰から電話があったか知らせてくれるのです。直ぐ折り返し電話してみればチャンスを逃さないことができるはずです。

場所がなくても利用できる

バーチャルオフィスの利用では、同じ住所に会社が多数あって住所をシェアしますから、他者と住所が同じになるケースが生まれます。そして都心で事務所を借りるとき発生するコストと比べ初期費用含め固定費も押さえられ、名刺に記載されている住所が一等地ならそれだけでイメージがよくなります。そして、女性ならセキュリティ上、自宅住所は公開したくない方が多いはずです。普段自宅で作業してもセミナーなどのときだけスペース利用することが可能。運営会社によってスペースが利用できないところも。そして、バーチャルオフィスはオフィス運営に必要な経費をコストダウンできますが、毎月コストを3万削減するだけで3年で108万のコストダウン。そしてバーチャルオフィスは、場所、業務スペースを伴わない新たな形態で、起業したときこれを選択すれば、賃貸オフィス利用のとき毎月必要な家賃や光熱費を0円にできます。そしてバーチャルオフィスは安く、素早く事務所機能を持つことが可能で。不在時の電話の応対を人に任せられるのもありがたいです。最近ベンチャー企業などがこうしたものを利用する方が増えていて、多くの業者が参入して都心は乱立していたりします。利用者はしっかり元のサービスの質を見極めてからの利用を心掛けましょう。そして、スペース貸しのサービスがあれば、普通の事務所を借りるときと同じように内覧してください。

静かな場所でくつろげる

事務所賃貸なら固定費が毎月発生し、借りた瞬間売り上げが落ち家賃が払えない事態もあって、そう簡単に引越しできないでしょう。レンタルオフィスは月ごとに契約できて、副業などの人は時間借しできますから、好きな時借りたり、オフィスを辞めるといった対策を自由にとれます。そして、あとから不便に感じることがあっても自由に移動でき、毎月オフィスを変えてみることも可能。そうしたことができれば同じ仕事内容でも新鮮な気分ではかどりそうです。
また自宅兼事務所で法人化するなら、ホームページに自宅住所を掲載する場合、個人情報ですので、避けておきたいものですが、多くのレンタルオフィスは何と法人登記が可能。また在宅ビジネスなどの方は特に自宅、カフェ等で作業したりしますが、自宅で仕事は簡単に見えて難しく、いろいろ誘惑があって、休むつもりでベッドがあると寝てしまったり、誰かが遊びに来たり、なかなか仕事に適しません。そしてカフェでも他人の声が気になったりなどがあり、落ち着けないでしょう。オフィスならとても静かで邪魔な物がなく、仕事場という意識が強く働き仕事モードに入りやすいはず。そしてフリーランスの仕事に大きく影響するのは場所であり環境で、やはり費用以上の恩恵を得られるはずです。そして、店舗でなく、従業員もおらず個人事務所であまり家賃が高い一等地を選ぶわけにいかないですから、不便なところに妥協することも必要です。

レンタルオフィスを利用するメリットについて

みなさんの中にもこれまでにレンタルオフィスを利用した事があるという人もいるかと思いますが、
これまでにレンタルオフィスを利用した事がない人はどういうメリットがレンタルオフィスにあるのか分かっていない人も多いと思います。確かにこれまでに一度もレンタルオフィスを使った事がない人はレンタルオフィスを使っても賃料を払う事になって逆に経費が多くなるだけだと思うかと思います。確かに事業を始めた人が最初から事業が軌道に乗っていてすぐに自分の事務所を構えても問題ない環境にある人なら
別にレンタルオフィスを利用する必要はありません。ですが、まだ事業を始めたばかりの人はいきなり事務所を構えるのはリスクが高いです。ですから、そういう人はまずはレンタルオフィスを利用してそこで仕事をするのがおすすめです。しかもレンタルオフィスの良い点はそれだけでなく多くのレンタルオフィスは駅前にあるビルの中にあるので通勤の面でも便利で立地的にもすごく魅力があります。
ですから、レンタルオフィスを利用するメリットというのは多くの人が思っている以上に大きいです。
特に私がレンタルオフィスを使った方が良いと思うのはレンタルオフィスなら何か事業を始めた時でも最小限のリスクで始める事ができる点です。
なぜなら中には事業を始めてもすぐにその事業をやめてしまう人も多く借金をしてまで自分のオフィスを構えるのは危険だからです。ですから、そういうリスクを避けるためにもレンタルオフィスは有効です。

レンタルオフィスのメリットは家賃を抑えられること!

これからレンタルオフィスの利用を考えています。それ以前には、普通にオフィスを借りることも検討しました。しかし現在はやっぱりレンタルオフィスを借りようという気持ちが強いです。それはなぜかというと、家賃が抑えられるというメリットが大きいからです。
何か会社を始める時、お金がかかる部分と言えば、家賃などの初期投資が大部分を占めます。また初めから、オフィスの立地条件を考えて駅近を希望したり、オフィスに必要なものをそろえたりするとかなりのコストがかかるのです。その点レンタルオフィスにすると費用が全く異なるのですね。これまで見たものでは立地条件は、基本的に駅近で利便性がいいのです。また初めからオフィス環境が整っているので、契約をすればすぐにでも使うことが出来るのです。また家賃として払い込む初期投資も3ヶ月分の保証金で済んでしまうために、初期投資を抑えることが出来るのです。そこに大きなメリットを感じています。
またレンタルオフィスというと会社が運営しているものや自治体の運営しているものもあります。このうち自治体が運営しているものは、借りた後のサポートもしっかりしているのです。例えば、法律的なことや会社運営に対しての助言など相談に乗ってくれるところもあるのです。そのために初めて起業をする時には、分からないことも多いので、とても心強いのです。起業をする時には、経費は掛かりますし、それを少しでも抑えて、事業に回したいと思うのが本音です。それをかなえてくれるのが、レンタルオフィスのメリットではないでしょうか。

家庭と仕事とのメリハリが大事

持病の関係で、会社勤めを続けることができず、退職しました。 短時間の勤務や、休憩をはさみながらであれば、少しまとまった時間仕事できる程度には回復しましたが、これから悪化して都合が悪くなった時を考えると、常勤の会社員として社会復帰することはためらわれました。
現在はクラウドファウンディングで単発の文書作業などを自分のペースでこなしているという状況です。
当初は自宅で作業をしていたのですが、自宅には書斎と呼べるスペースはなく、リビングに置かれたパソコンでの作業でした。
子供が小さく、私が家にいると遊んでくれとまとわりついてきて、作業になりませんし、妻も育児メインで仕事をセーブして家にいる時間が長いので、私がいると家事の邪魔になっているみたいでなんだか居心地が悪いということもあり、コストはかかりますが、レンタルオフィスを利用する事にしました。
幸い、自宅より徒歩圏内のレンタルオフィスが見つかり、利用を開始しましたが、とても良いです。
物理的に場所がかわることで、プライベートとビジネス、onとoffの切り替えがスムーズにいくようになりました。
仕事の時間は誰にも邪魔されずに作業に集中できますので、貸借料はかかりますが、パフォーマンスが上がって、収入も上がりました。
妻も自分のペースで生活できるので、心なしか以前より機嫌が良いです。

レンタルなので、もし今後病状が悪化し、作業ができなくなった時は、賃貸契約を解約し、すぐに引き上げて来られるのも魅力的です。

スタートアップでレンタルオフィスが適切な理由

起業したばかりで手元に資金の余裕がない場合、多くの方が自宅での事業スタートを計画されます。しかし、実はレンタルオフィスでした方が最終的なスタートアップの費用が抑えられるのです。自宅とレンタルオフィスの最大の違いは、クライアントとの打ち合わせをそこで出来るかどうか、という点にあります。自宅は生活の場ですので、クライアントに上がってもらうわけにはいかず、こちらから毎回訪問するか、近所の喫茶店などで商談することになります。訪問ばかりですと交通費がバカになりませんし、喫茶店の利用はコーヒー代などの出費が多くなります。レンタルオフィスであれば、共同で利用できる会議室や商談スペースがあり、さらに喫茶店のように周囲に話が聞こえないように気を遣う必要もなく、打ち合わせがスムーズに進みます。また、資金面だけでなく、事業を継続していくという点でもレンタルオフィスにはメリットがあります。自宅での仕事は宅配や宗教の勧誘、訪問販売など意外と邪魔が入りがちです。レンタルオフィスであれば、そうした部分はレンタルオフィス側が全て代行してくれますので、仕事に集中することが出来ます。1分1秒を無駄に出来ないスタートアップ期にこうした無駄な時間がなくなることはその後の事業展開に大きく影響します。さらに自宅ですとテレビなどの余暇がたくさんあるため、休憩と称してついついだらけてしまいがちです。レンタルオフィスには当然そうした余分なものはありませんし、周囲もスタートアップ期にある起業家がたくさんいますので刺激になって、業務に集中できるというのも大きなメリットといえます。

レンタルオフィスを使用するメリット

業務に必要な空間や機材を安価に借りることができるレンタルオフィスが人気を集めています。
レンタルオフィスを使用することによって得られるメリットを、わかりやすくお伝えします。

・安くオフィスを用意することができる
通常の賃貸契約を結ぶ場合には、基本的には「何もない」場所に必要な機材を搬入する必要があります。 そのため、オフィスを構える際には家具や備品を購入したり、搬入する際にも引っ越し代等のコストが必要不可欠になってしまいます。その点、レンタルオフィスでは初めから会社の業務で必要となる家具や備品がはじめから備えられています。無駄なコストが不要となり、結果的に安くオフィスを使用することができるのです。
・各種申請を通すことができる
法人登記や銀行口座等の開設には、会社が実在することを示す住所等が必要となります。レンタルオフィスを使用してもその場所が会社の住所として認められるため、そういった各種申請を問題なく、速やかに通すことが可能です。
・一等地にあることが多い
レンタルオフィスは、都内をはじめ全国の一等地にあることが多いことも特徴です。初期費用や家賃が高く、なかなか入居することが難しいエリアであっても、レンタルオフィスを契約することで仕事ができるようになります。
・ハイレベルな交流を期待できる
会社経営において人脈は非常に重要なものとなりますが、レンタルオフィスには他業種を含め多くの起業家が入居しています。 レンタルオフィスがきっかけで起業家同士が出会って結び付き、事業拡大のチャンスを狙えることもレンタルオフィスの魅力のひとつです。

レンタルオフィスは手軽

レンタルオフィスを利用する一番のメリットはやはり安く仕上がる、ということだと思います。まだまだ小さな会社だったり、起業したばかりだったりするとオフィスの家賃を払うのってとても大変ですよね。
レンタルオフィスだと1人から使えるスペースなどもあり、しかも完全個室のところもあります。そして椅子や机がすでに完備されているレンタルオフィスも多くあります。初期投資をあまりかけることなく、オフィスをもつことが可能なのです。家具やオフィス用品を揃える必要がないので、入居も退居もとても楽です。そして入居、退居が楽だと、短期利用ができます。数ヶ月間だけのプロジェクトのために作業場がほしいという方にも最適です。また、まだ会社としてなりたっていなくても、個人的に作業場として借りることも可能です。これから会社を立ち上げたい、という方にもおすすめです。作業をするのに、自宅では集中できない、という方は多いのではないかと思います。私もそうなので。そうした時にレンタルオフィスは365日24時間利用できるところが多いのです。自分のやりたい時に仕事ができる場所がある、というのはとても便利ですよね。レンタルオフィスではたくさんの利用者がいて、生活音がするところが多いです。実は人間は物事に集中するときは多少の雑音があったほうが集中しやすいと言われています。無音の静まり返ったところで作業をするよりも、周りに「話しかけてこない」人が適度にいるのは集中する環境としてとてもよいです。

メリット多数!レンタルオフィス利用で、起業をコスト削減!

レンタルオフィスは、起業したばかりで自宅で仕事をするか、オフィスを賃貸するか、まだわからない時にとても便利です。自宅で、仕事をスタートすると、金額的な負担は少なくて済みますが、仕事とプライベートとの境界線がつきにくくなったり、オフィシャルな場面でも自宅の住所を載せなければならなかったりするなどのデメリットがあります。しかし、レンタルオフィスなら経費は最小限で、オフィススペースが可能です。オフィスに必要な家具などは最初から設置してあり、レンタルで使用することができます。また、急に必要になった会議室も共有スペースがあるため、利用することができます。OA機器もレンタル可能です。初めに、必要な機器を揃えることは大切ですが、コストがかかり、すべてを満足行くように取り揃えるのは負担も大きいものです。しかし、レンタルオフィスなら、共有スペースでの機器使用ができます。また、立地条件が良いことがメリットの一つでもあります。駅から近かったり、ビジネスとして一等地の場所にオフィスを構えたりすることは大きな利点です。そして、何よりも同じ起業家同士の交流が盛んなことが最大のメリットです。最近では、カフェスタイルを取り入れる所や保育室を完備している所もあり、多くの起業家が利用しています。利用している方は、ランニングコストが削減できて良かったとの声も多く、共有の受付があるため、特別に案内の人材を用意することがありません。このようなメリットが多いレンタルオフィスはこれから先も益々、広がりを見せるでしょう。